振袖はレンタルと購入をする方法の2つがある

思い出づくりはお金が必要

ウーマン

振袖は成人式の時に着る和服ですが、それを購入するとかなり高額な料金になります。そういった場合、レンタルをするということも可能です。レンタルをすると、成人式以降は振袖を着ないという場合でも、返却するため場所を取る心配はありません。購入の場合は、着ないからといっても高額な和服であるため簡単に処分ができず、その保管場所を確保する必要があります。しかし、その分のメリットとしては思い出の品を保管しておけることです。当然ながらレンタルの場合にはその店舗で用意した振袖しか着ることはできません。購入の場合には自分の好きな柄や色を選んで購入できます。
振袖をレンタルする場合、プランや着物の種類によって値段が大きく変わり、安いものでは3万円ほどから高いものだと30万もするものまであります。また、レンタルをする場合はその後の返却方法なども確認しておきましょう。場所によっては、引取りに来てくれるところもあるようです。レンタルをしたのはいいが、振袖を返したいという場合はその時にキャンセル料を取られるところもあります。万が一のことを考えて、料金の種類などは事前に確認しておきましょう。購入がレンタルがよいかはその使用頻度にもよります。もし、頻度が多く姉妹がいて、お下がりにするようであれば購入をしたほうが安くつくこともあります。しかし、着物の購入をすると反物選び、採寸を行ない着れるようになるまで約1ヶ月間かかることもあります。購入を検討しているのであればある程度期間に余裕を持っておく必要があります。


着物の歴史

女の人

和服は人の民族衣装で日本人によく似合います。また、シーンごとに着る着物が用意されてはいますが、それぞれの着物の料金は決して安いものではありません。各式場に合わせてレンタルをすることで比較的安く済ませることも可能です。

More Detail

着物の紋の種類

和服

着物の始まりは平安時代にまでさかのぼります。今でこそ誰でも自由に着物を選べるようになっていますが、昔は身分を表すために紋が使われ庶民が着ることすらできませんでした。

More Detail

安い着物と高い着物

2人のレディー

振袖は、ほとんどの人が成人式用に購入するというケースが多いかと思います。しかし、成人式のみ着る価格にしては高すぎる買い物です。そこで、安く済ませる方法としてレンタルをするのも1つの手です。

More Detail