振袖はレンタルと購入をする方法の2つがある

着物の紋の種類

和服

着物には紋がついていますが、この紋はどういったものかご存知でしょうか。この紋は日本の種類だけでも24種類・5000以上と数多くの種類が存在しています。着物の紋のサイズは基本的に直径2cmから4cmほどの円形に収まるくらいに小さく刻まれています。また、この紋には、1つ紋、3つ紋、5つ紋という種類があります。この紋の数が多ければ多いほどランクが高いものとされています。最もランクが高い5つ紋は正礼装とされています。紋の種類は、「染め抜き紋」や「縫い紋」などの種類があります。その他の種類は略式とされています。また、紋が描かれる場所に決まりがあります。その場所は紋の数で変わります。1つ紋であれば背中だけに、3つ紋は背紋と袖紋の2箇所、5つ紋は背紋と袖紋と抱き紋という3箇所についています。紋をつける位置も細かく決められており、背紋の場合は襟の下から計り、男は襟下6cm、女は5.5cmとなっています。袖紋は上から7.5cm、抱き紋は胸を床においたときに肩から15cm下の場所と細かい決まりがあります。
このように着物についている紋は、細かい条件の元つけられています。この紋の始まりは、平安時代の公家社会で飾りとして使われたのがキッカケで、今現在に至ります。昔は、紋は身分を表すものとしても使われていました。庶民が家紋を持つことができるようになったのは明治時代の封建政治の終わり以降から使うことができるようになったと言われています。
着物の細かな条件は紋の他にも襟や袖にもあります。着物にはこういったルールが昔からありましたが、今ではどなたでも着ることができるようになっています。