振袖はレンタルと購入をする方法の2つがある

安い着物と高い着物

2人のレディー

着物を購入するとなると、かなりの値段になります。振袖は着物以外の小物なども合わせて全国平均でも約32万から35万円と言われていて、高いものだと70万と倍の値段になります。購入する場合には、それなりの値段になりますが一度購入すると何度でも着ることができます。一方、その場限りになりますがレンタルをするということもです。レンタルの相場は約4万から25万円ほどとお店や振袖の種類によって値段が大幅に変わります。安い振袖では、数万円ほどの値段になるため、着る頻度が少ないのであればレンタルをするほうがよいでしょう。逆に着物を着る頻度が多ければ、レンタルよりも購入したほうがお得になります。
振袖には、着物以外にも帯締めや帯揚げなど他にも細かいものがあります。それぞれに数千円の価格がかかってくることで、そのフルセットで購入するという際に高額料金になってくるわけです。既に家に母の着物があるという場合は、その着物を使ってお仕着せすることで費用をかけずに済みます。成人式に着るのであれば、一生に一度のイベントなのでできれば自分のものがほしいという方もいます。そういう場合は、生地がポリエステルのものを購入するという方法もあります。価格として高額になっている振袖のほとんどが正絹という生地です。見た目にはほとんど違いはなく、質感の違いくらいです。購入するとなれば、色やサイズなども自分の好みに合わせて選ぶことができます。思い出づくりのために自分用のものを購入して、成人式を楽しんでみてはいかがでしょうか。