振袖はレンタルと購入をする方法の2つがある

着物の歴史

女の人

一言で和服といっても、和服には数多くの種類が存在します。それぞれの種類は用途別に分けられています。結婚式には黒留袖、成人式は振袖、葬儀などでは黒喪服の他にもあります。着物の歴史は古く、今から1000年以上前にもさかのぼり、平安時代の頃に着用されてい「小袖」をキッカケに現在の和服まで発展してきました。着物の形は歴史と共に変わってきました。縄文時代では、外敵や雨風などから身を守ることを目的として着用されていました。しばらくした後、農業や畑仕事をするようになった頃には麻の繊維でつくられました。弥生時代に入ると、女性は貫頭衣(かんとうい)と呼ばれるポンチョのようなデザインのものを着ていました。男性は袈裟衣(けさい)と言われる上下に分けて2枚あり、1枚は肩から前へかけて結び、もう1枚は腰に撒いて前で結んで着用していました。古墳時代になると、女性は筒袖(つつそで)と呼ばれるもので上に着て、衣裳(きぬも)というもの下に履いていました。男性では、足結(あゆい)というものを上に着て、膝辺りに衣袴(きぬばかま)というものを着用していました。上記で説明した後の着物の進化は続きます。
このように着物は各時代ごとに進化を遂げてきたのです。今では、ファッションとして着物を着る方もいます。昔と比べるとだいぶ自由に選んできることができるようになっています。和服の購入を考えているのであれば、場に合った着物の種類や色を選んで購入するようにしましょう。